2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
活き活きと生きて欲しい・・・
生きるということは年を重ねるということ 今日ワタシが日頃から素敵だなーって思っている女性としばしはなしをする事ができました はなしの内容はワタシの「これから」のこと その女性はワタシいやおぼっちゃまを含めワタシタチの事をとても理解してくれているのでついつい甘えていろいろと話をしてしまう・・・そして寛大に話を聞いてくれてまた自身のこともはなしてくれる 話すと心が強くなっていくようで うしろからそっと後押ししてくれ なんだかやる気がでてきてまたどうにかなりそうなそんな気を沸かせてくれる人なのです 
そうね・・・日頃から考えたり悩んだりするのはやはり「おぼっちゃま」のこと 末っ子でありまた「障がい」がある息子が心配の種でもありまた悩みの種でもあります 養護学校高等部に入ったら 三年後からは 「就労」となります 働けるの????? (本人は20歳になったら「結婚する!」と言ってます・・・)
おぼっちゃまの他にあと二人息子がいます おぼっちゃまの「兄」になりますが この二人だっていろいろとありました 悩んだことも泣いたことも・・・ 20歳と18歳の息子がまだ同居していると言うことはある意味幸せなんだろうな・・・ワタシ だけどいつまでもいまのスタイルが続くわけではないはず まぁこの二人はどうにか一人でも生きていくことができそうな・・・そんな感じなのですが・・・ おぼっちゃまはやはり「支援」が必要です しかもかなり手厚い支援アラ
ワタシは障がい者施設で働いていますが やはり「働く姿」というのは素敵ですね 活き活きとしています おぼっちゃまは「活き活きと働くことができるのかしら? 」健常者のような 自由に「選択」はできないかもしれない 選択肢が少ないです 比べてはいけないかもしれないけど・・・
スポンサーサイト
2007.12.15 (Sat) 00:17
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。