2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
就労を視野に入れての進路選択・・・
気がつけば我が家の一番のチビ助があと少しで(今月の17日が誕生日なんです) 16歳 ケーキ2 三人の息子達よ こんなワタシを母に持ちおまえたちもさぞ苦労したことでしょう(「この母だからね・・・」とか「この母の血が流れてるからな・・・」とか日ごろ聞いておりますが焦る3) よくぞ付いて来てくれましたうるうる涙 時には怒鳴られ 時には焼きあがった異常にすっぱいパンを食べさせられ・・・反省
さておぼっちゃまの学校では学期末の面談があります 「就労を視野に入れた」話だそうです 高等部卒業後 一般の会社へ就労するとか 接客を主とするところへの就労とか 作業を主とするところへの就労とか・・・ 選択をして来年度のクラスを決めるそうです いやはやそんな選択をする時期になってしまったのですか・・・ワタシモトシヲトッタハズジャ 「やりたいこと」と「やれること(進路先)」とは必ずしも一致するわけでもなく 障がい者授産施設で働いている立場からと親の立場から考えると「支援」が必要となる障がい者の人生がいかに充実した時間を過ごせるか 自分で選択して決めることができる力があれば・・・でも我がおぼっちゃまにそれは難しい・・・ 以前ファーストフードで働いていたとき(障がい者を積極的に雇っているところです)ダウン症の女性が一緒に厨房にいました とてもしっかりした方で我がおぼっちゃまからみると(比べてはいけないんですけどね)とても能力の高い方でワタシはすぐに仲良くなりました(わからないことも教えてくれたし音符) 雇う会社は受け入れを積極的にしてくれても配属したお店に「理解」がないとお互いがなんらかの支障がでてきてしまう 山とある店舗それぞれに「障がい」の理解を進めていかないと・・・ファーストフードの店は学生のアルバイトからワタシより年上の方も働いているし・・・・ なんていろんなことを感じることができた勤め先でした さて我がおぼっちゃまは一体どんな勤め人になるのでしょうか? 来年度の選択は「作業中心」となると思います♪
それにしても「障がい者」の将来って限られているような気がしませんか?  
ちなみにワタシが働いている施設では パン製造販売 さおり織り 箱折り 割り箸等の封入 資源回収・・・などです 
全国にある「障がい者施設」ではどんな作業をやっているのでしょうか? 気になるところです
こちらをぽちっとがheart祥の励みになります

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
にほんブログ村 介護ブログ 障害者福祉・介護へ
スポンサーサイト
2007.12.10 (Mon) 22:22
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。